What's New
  • 2018.11.12 本羽田オフィス営業開始
    東京支店(大田区仲六郷)と管路メンテナンス部(川崎区浅田)は本羽田オフィスへ移転しました。
  • 2018.08.01 代表者変更
ISO認証取得

ISO9001:2008
登録番号:MSA-QS-1311
登録日:2001/11/16
有効期限:2018/09/14

「人がつくる」道路はあったかい

日工建設について

日工建設の主体事業

日工建設は、1967年(昭和42年)創業以来、首都圏のライフラインの維持補修工事を一貫して手掛け、広く社会に貢献してまいりました。
事業の3本柱は、舗装工事事業、下水道事業、環境・土木事業です。
建設投資の縮小が続くなか、当社が手掛ける維持改修工事分野は少しずつ市場規模を拡大しています。
変革する都市環境に対応し社会に貢献し続けるため、社員一人ひとりが切磋琢磨し、社会的責任をもって業務に推進する専門集団を作り、さらなる飛躍を目指します。

資格取得者
  • 一級土木施工管理技士 37名
  • 二級土木施工管理技士 17名
  • 下水道管路管理技士(主任技士) 4名
  • 下水道管路管理技士(専門技士) 2名
  • 建設業経理事務士一級 1名
  • 建設業経理事務士二級 4名
加盟団体
  • 日本道路協会
  • 日本道路建設業協会
  • 東京建設業協会
  • 日本下水道協会
  • 日本下水道管路管理業協会
  • 東京商工会議所

日工建設の実績と評価

品質保証の国際規格であるISO9001の認証を取得するなど、高い技術水準を維持し、道路維持工事に関するソフト・ハードは顧客の皆様から高い評価をいただいております。

また、国土交通省委託の工事では、指示通りにそのまま施工を行う形ではなく、弊社からの積極的な提案をさせていただいている部分や、交通や地域住民の方々への生活の影響を考慮した工夫を評価いただき、感謝状、表彰状を多数いただいております。

iso

日工建設の考え方

技術は人が作るもの

日工建設では、社員一人ひとりが、仕事の品質を保証できる「人づくり」を強く進めることが大切だと考えています。
社会的責任をもって業務に推進する専門集団をつくることで、変革する都市環境に対応し社会貢献し続ける健全な会社経営が可能になります。
高い志と「社会の為になる」という誇りを持ったチームづくりによる「人」を中心とした経営で、さらなる飛躍を目指します。

研修会で高まる知識と精神

日工建設では経営理念を達成すべく、人材育成を最重点目標として位置づけ 毎年社内研修を実施しております。代々受け継ぐべきベテラン社員の技術と経験 を次世代に伝え、各々の力量向上を目的に管理職から新入社員まで参加いたします。 日工建設の技術と精神を未来に繋げ、百年企業を合言葉に毎日の業務における改善点 や疑問点を忌憚なく討議する場として研修を活用しています。 社会情勢や都市環境の変化に迅速に対応し、最高の顧客満足評価を得るために 労を惜しまない会社を築くために努力いたします。